商品のご紹介

商品のご紹介

ダンス用ベージュインナー

インナーというと下着の総称なので、見せたくないと思わせるかもしれませんが、ダンス用インナーは外から見て、インナーと感じさせない商品となっております。そこが、長年好評をいただいている証しです。 [続きを読む]
商品のご紹介

白樺ドレスって、ドレスだけではありません。

今年2月に、1F店舗と2F店舗内をリニューアルさせました。1F店舗は、フルオーダー・セミオーダーに超高級中古社交ダンスドレス販売、高級ウェアや高級パーティードレスといった ちょっとセレブな[続きを読む]
商品のご紹介

カッコよく社交ダンスパーティーに出席したい貴女に

お教室のホテルでのダンスパーティーで注目を浴びるには 可愛らしさを保ちつつ、カッコよく攻めたい時・・・お教室のホテルでのダンスパーティーで一際オシャレで注目を浴びる様な素敵なワンピースやドレス[続きを読む]
商品のご紹介

ルンバ用新作ラテンドレス

社交ダンス ルンバの踊りの特徴  ルンバは、ラテンアメリカンの中で最もゆったりとした滑らかなダンスです。動きが途切れない様、滑らかに動き続ける愛を表現するダンス。ルンバは4拍子なので、歌謡曲の[続きを読む]
商品のご紹介

社交ダンス用アミタイツ

網タイツは、フランスで舞台衣装として発明されたものらしいですが、ボンテージやバニーガールの様なセクシーなイメージが強いと思うのは私だけでしょうか。今は普通に私服として併用している人が多くなっているの[続きを読む]
商品のご紹介

変わったパソドブレ衣装

パソドブレとは パソドブレは、男性主役のスペインの闘牛とフラメンコをイメージしたダンス。スペイン語でパソドブレはダブルステップという意味になります。男性と女性が交互にステップして行進曲といっ[続きを読む]
商品のご紹介

メンズのヒップアップパンツとナポレオンの名言

日本ではホワイトタイ=燕尾服相当2本・ブラックタイ=タキシード相当1本と言う決まりと解説されていることが多いようですが、側章の歴史や用途からすると現代では、デザインとしての要素が濃く側章自体に該当するドレスコードはありません。側章(がわしょう、そくしょう)は、18世紀末のフランス軍の軍服に採用されたのが起源とされています。 ちょうどナポレオン軍が活躍していた時期で、この頃ナポレオンは名言の一つにも有るように、On devient l’homme de son uniforme.(人はその制服どおりの人間になる)とっ軍事制度や戦術以外にも保守的ではあるが軍服にも関心があったようです。 側章に関しては騎兵・砲兵等のボトムスがキュロットから長ズボンに変わった頃、所属の連隊がわかるように色やデザインで用いられました。 そして、トップスとして組み合されたのが肋骨服と言う後のナポレオンジャケットの元となった軍服です。 ナポレオンジャケットは、燕尾服のような形状のコートやジャケットで肋骨服から変化した軍服のことを言いますが、フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日~1821年5月5日)が好んでいたとされ、後世のデザイナー、シャンタル・トーマスの87年88年秋冬のパリコレにもこれをモチーフとして登場しました。 現代の軍隊でも式典用に側章の付いた軍服もありますが、民間人には適用されません。
商品のご紹介

レザーのサッシュベルト

レザーサッシュベルト 新製品のご案内ですメンズ用のサッシュベルトですが、調整が可能なので、女性でも使えちゃいます。後のバックル部分で、締める事が可能です。男性も最近は、細い方が増えているのでS[続きを読む]
商品のご紹介

舞台・社交ダンス用つけまつげ

プリマのつけまつげ、何が凄いか、って?1051や8-10が断然、人気。社交ダンスのデモではS-3も。モチの良いのはもちろんだけど、つけまについているのりもいい。日頃、100均のつけまを使っていますが[続きを読む]
商品のご紹介

メンズのヒップアップパンツと肋骨服

側章パンツに関してトップスとの組み合わせには条件があるのかと思われ、検索でこのページへ辿り着かれたお客様もいらっしゃると思います。 Webで調べると、日本ではホワイトタイ=燕尾服相当2本・ブラックタイ=タキシード相当1本と言う決まりと解説されていることが多いようですが、側章の歴史や用途からすると現代では、デザインとしての要素が濃く側章自体に該当するドレスコードはありません。 側章は、18世紀末のフランス軍の軍服に採用されたのが起源とされています。 ちょうどナポレオン軍が活躍していた時期で、この頃ナポレオンは名言の一つにも有るように、On devient l'homme de son uniforme.(人はその制服どおりの人間になる)とっ軍事制度や戦術以外にも保守的ではあるが軍服にも関心があったようです。 側章に関しては騎兵・砲兵等のボトムスがキュロットから長ズボンに変わった頃、所属の連隊がわかるように色やデザインで用いられました。 そして、トップスとして組み合されたのが肋骨服と言う後のナポレオンジャケットの元となった軍服です。 現代の軍隊でも式典用に側章の付いた軍服もありますが、民間人には適用されません。
タイトルとURLをコピーしました